top of page

【映像講座】高画質とか4K・HDって?

いつも弊社サービスをご利用頂き、ありがとうございます。


昨今、テレビやスマートフォン、パソコンのモニターなどのディスプレイにおいて、画質に関する用語がよく耳にします。高画質、4K・HDなどです。これらの用語は、それぞれ何を表しているのでしょうか。この記事では、高画質、4K、HDといった用語の違いについて解説します。




高画質とは

高画質とは、映像の画質が高く、映像がくっきりと見えることを指します。そして、高画質映像の場合、より多くのピクセルが使用されており、その結果、よりリアルな映像を楽しむことができます。一般的には、720p以上の解像度を持つ映像を高画質として扱います。

いわゆる720p以上の解像度を持つ映像のこと全てを指します。



HDとは

HDとは、ハイビジョンの略称であり、720p以上の解像度を持つ映像を指します。また、Full HDという用語は、1080pの解像度を持つ映像を指します。HD映像は、従来のSD映像よりも鮮明で、より高品質な映像を楽しむことができます。今はこのHDか4Kが主流です。


4Kとは

4Kとは、高精細度の映像技術の一つであり、縦横の画素数が約4,000ピクセル以上ある映像を指します。一般的には、3,840×2,160ピクセルの解像度を持つ映像を4Kとして扱います。4K映像は、より細かいディテールを楽しむことができ、より臨場感のある映像を楽しむことができます。



2Kとは

ちなみに、2Kというものも存在します。2Kは、縦横の画素数が2,048×1,080ピクセルで、HDの2倍の画素数を持つ映像を指します。2Kは、4Kに比べてファイルサイズが小さいため、編集作業に適しています。また、映画館の映像規格としても採用されています。



以上、高画質、4K、HD、2Kの違いについて解説しました。高画質は、映像の画質が高く、720p以上の解像度を持つ映像を指します。4Kは、縦横の画素数が約4,000ピクセル以上ある映像を指し、より細かいディテールを楽しむことができます。HDは、720p以上の解像度を持つ映像を指し、従来のSD映像よりも鮮明で高品質な映像を楽しむことができます。2Kは、縦横の画素数が2,048×1,080ピクセルの映像を指し、4Kに比べてファイルサイズが小さく、編集作業に適しています。




ご依頼やご相談等はお気軽に上部「予約はこちら」または 「information@2lcorp.info」までご連絡下さい。



〈お問い合わせ・予約はこちら〉

・電話→050-3503-6307 (平日9:00〜19:00)

LINE(24時間受付)



【メディア・取材依頼はこちら】

弊社では常にメディア・取材依頼を受け付けております。 上部「お問いわせ」またinformation@2lcorp.infoまでお問い合わせ下さい。

bottom of page